Fedora28 のインストール

CentOS は最小パッケージでインストール
メディアからのインストール手順は割愛します

パッケージのインストール

dnf install nginx
dnf install php-pdo_mysql php php-gd php-mbstring php-fpm php-devel php-opcache
dnf install mariadb mariadb-server
dnf install selinux-policy-devel
dnf install htop

プロセスの起動

systemctl enable nginx
systemctl start nginx
systemctl enable php-fpm
systemctl start php-fpm
systemctl enable mariadb
systemctl start mariadb
systemctl enable chronyd
systemctl start chronyd

SELinuxの設定

SELinux の設定を enforcing から permissive に変更
vi /etc/sysconfig/selinux

SELINUX=enforcing
↓
SELINUX=permissive
SSHのポート番号を22番以外に変える場合は、SELinuxに SSH の別のポート番号を登録する。
semanage port -a -t ssh_port_t -p tcp 2222
設定後OSを再起動する。

ssh の設定

vi /etc/ssh/sshd_config
sshの接続ポート番号を任意の番号に変更
Port 22
↓
Port 10022
rootログイン不許可
PermitRootLogin yes
↓
PermitRootLogin no
ssh プロセスの再起動
systemctl restart sshd

Firewall の設定

デフォルトは ssh のポートしか空いてないので、http のポートを開ける。
firewall-cmd --add-service=http
firewall-cmd --permanent --add-service=http
firewall-cmd --add-port=1234/tcp
firewall-cmd --permanent --add-port=1234/tcp
ステータスの確認
firewall-cmd --state
running
空いてるポート番号を確認
firewall-cmd --list-services
dhcpv6-client ssh

chronydの設定

vi /etc/chrony.conf

#pool 2.fedora.pool.ntp.org iburst
server ntp.nict.jp iburst
server timeserver.cc.tsukuba.ac.jp iburst
server cesium.mtk.nao.ac.jp iburst
server ntp.nc.u-tokyo.ac.jp iburst
記述後 chronyd を再起動
タイムサーバとの同期の確認
chronyc sources

nginx.conf の設定

vi /etc/nginx/nginx.conf
phpファイルアップロード機能を追加する際の必須条件
    client_max_body_size 2G;
httpの圧縮転送を有効にする
    gzip  on;
    gzip_http_version 1.0;
    gzip_vary on;
    gzip_comp_level 6;
    gzip_types text/plain text/css application/json application/x-javascript text/xml application/xml application/xml+rss text/javascript application/javascript;
    gzip_disable "MSIE [1-6]\.";
    gzip_disable "Mozilla/4";
    gzip_proxied any;
    gzip_buffers 16 8k;
圧縮の確認
curl -I -H 'Accept-Encoding: gzip,deflate' http://www.qurataro.com/wikipedia/css/jqcloudlist.css
Content-Encoding: gzip が確認できたらOK

phpの設定変更

php.iniの設定
セッションセーブパス
;session.save_path = "/tmp"
session.save_path = "/var/lib/php/session"
ファイルのアップロード容量の変更
post_max_size 2GB
upload_max_filesize 2GB
タイムゾーンの設定
date.timezone = Asia/Tokyo
phpのsessionファイル格納フォルダの書き込み権限を付与
cdmod 777 /var/lib/php/session

MariaDBの設定

root のパスワード変更
mysql -u root
mysql > SET PASSWORD = PASSWORD('youwantpassword')

MeCab のインストール

本体のインストール
tar xvfz mecab-x.xx.xx.tar.gz
./configure --with-charset=utf8
make
make install
ipadic のインストール
ダウンロード
https://code.google.com/p/mecab/downloads/detail?name=mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz&can=2&q=

 tar zxfv mecab-ipadic-2.7.0-XXXX.tar.gz
 mecab-ipadic-2.7.0-XXXX
 ./configure --with-charset=utf8
 make
 make install

/usr/local/etc/mecabrcの編集
wikipedia.dic を作成しているのでそれを利用するように修正する。
/usr/local/lib/mecab に作成した辞書やユーザ辞書を配置する。
dicdir =  /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic
userdic = /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic/wikipedia.dic
php_mecab のインストール
wget https://github.com/downloads/rsky/php-mecab/php-mecab-0.5.0.tgz
tar xzvf php-mecab-0.5.0.tgz
cd php-mecab-0.5.0
phpize
./configure --with-php-config=/bin/php-config --with-mecab=/usr/local/bin/mecab-config
make
make install
PHPと連動設定
vi /etc/php.d/mecab.ini
extension=mecab.so
ユーザ辞書の追加
/usr/local/libexec/mecab/mecab-dict-index -d /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic
    -u wikipedia.dic -f utf-8 -t utf-8 wikipedia.csv

ページのトップへ戻る